· 

ウジョンカップ。それを経て……。

 

 

 

 夏休みを経て、チームは大きく変化することがある。

 まるで別チームであるかのように、夏休み前後では大きく成長するのだ。

 

 と、フジパン敗退後のブログで綴った。

 

 ただ、全チームがそれに該当するわけではない。

 

 変化を必要とし、変化するために必要なものを模索し、そして変化しようと必死にもがいてあがいた者だけが、大きな成長を遂げるのだ。

 

 必要とするのは簡単だ。誰だってできるし、誰でもやっている。

 

 もっとうまくなりたい。足が速くなりたい。背を大きくしたい。

 新しいボールが欲しい。スパイクが欲しい。お金が欲しい。

 

 誰もが常々思っていることである。

 

 ただ、多くの者が願っているだけで、必要としているだけで、その次を行うことができない。

 

 もっとうまくなりたいなら、練習法を考えなければ。

 足が速くなりたいなら、フォームを見直さなければ。

 背を大きくしたいなら、たくさん食べて、たくさん動いて、たくさん寝なければ。

 

 新しいボールが欲しいなら、スパイクが欲しいなら、母ちゃんにゴマをすらなければ。

 お金が欲しいなら、母ちゃんの手伝いをして、やっぱりゴマをすらなければ。

 

 

 そうやって、必要なものを手に入れる方法を考え出さなければいけない。

 

 母ちゃんへのゴマすりは置いておいて、サッカーの部分では、その方法を考え出すのは我々指導者の役目である。

 

 だからこの夏休みも、練習メニューを組んだり、強豪チームが出揃う大会に参加したりした。 

 

 あとは、選手たちが変化しようと必死にもがくだけ。

 

 夏休みで大きく成長するかどうかは、そこにかかっていた。

 

 

 

 

 先日ウジョンカップに参加した。

 

 108チームが参加する、国内最大級のカップ戦だ。

 

 試合結果は、試合数が多かったので省略させていただく。気になる方は、我がチームの公式Twitterへ! フォローもよろしくです。

 

 

 最終的な順位は、108チーム中24位だった。

 

 うーん。リアクションに困る順位である。

 

 まぁ、そんなことはどうでもいい。

 

 もちろん上の順位を目指して参加したが、問題はこの大会を通して、そして夏休みを通して、我々が成長できたかどうかが確認できたか、である。

 

 

 さすが108チーム参加しているだけあって、いろんなことを知ることができた。

 

 

 

 運が良かったのか悪かったか、ガンバ大阪、ヴィッセル神戸など、名だたるJリーグの下部組織チームとは組み合わせ上対戦することができなかったが、関東、関西、韓国と、津々浦々のチームと対戦することができた。

 

 

 簡単な試合などほとんどなかった。

そんな中で、成長しようとしていた者、成長した者がどれだけいるか。そして、チームが大きく成長したか、しているかどうか、を振り返ってみる。

 

 夏休み前のフジパンカップと比較して考えてみた。

 

 まるで無味無臭、無色透明、とでも言えるくらい、あの頃の我々は未熟で、未完成だった。

 

 けれど、今はチームの色が濃く出るようになったと思う。

 どのチームと戦ってもそれを出すことができるようになったと言うことは、チームとしての共通理解が増したということだろう。

 

 だが、成熟したか、完成したか、と言うと、残念ながらそうではない。

 

 フジパン終了後のブログで書いたチームとしての課題は大きく二つだった。

 

 一つは、守備の強度の向上と、持続時間。

 

 まずは、強度の部分。

 これに関しては、まぁ成長はしているだろうが、それ以上に、ウジョンカップでの試合を通じて、まだまだだということを見せつけられた。

 

どのチームも、岐阜では体験できないくらい、球際の部分が強かった。

5分5のボールは絶対に自分のボールをしてやるという気持ちがこちらよりもすごい。

だから彼らは、名だたる強豪がひしめき合う埼玉や大阪などのチームは、どこも強いのだろう。

どこと練習試合をやろうとも、リーグ戦をやろうとも、自チームで練習をしても、相手は死に物狂いでボールを奪いに来る。

だからオフェンス側も神経を研ぎ澄ませてないとすぐにボールを奪われてしまう。

そんな環境でやっているからこそ、うまくなれる。

 

見習うべきだと、そう思った。

 

単純な球際の強さ。うちはまだまだだと知っていたが、思っていた以上にまだまだなのだと、思い知らされた。

それは、やっていた選手が一番そう思っているだろう。

そう思っていると、思いたい。

 

自チームの練習から、そこの部分に関しては今まで以上に突き詰めていくべきだろう。

 

 

 

次に、持続時間に関して。常にボールがどこに行くかを予測し、そこに走るという、頭と体のスタミナが伸びたかどうか。

 これは、選手それぞれに個人差がある。

 

前線の選手に関してはもっと頑張ってほしいと言わざるを得ない。

 

守備のスタートは前線の選手だ。彼らの守備の出来で、我々がピンチに陥るか、それともチャンスにつなげることができるかが決まってくる。

 

 にもかかわらず、自分の狙うべきインターセプトを狙っていないことが多々ある。

 自分がプレッシャーに行くべき選手にアプローチをかけることができないシーンが何度もある。

 ボールが移動しているにもかかわらず、ポジションを変えていないことが多すぎる。

 

 予測できていない。頭を止めている証拠だ。

 

結果、自分の狙いどころに遅れて出ることになり、ボールを奪えない。そして、ボールを自陣に運ばれてしまう。

 

 バックラインに関しては、総じて多少の成長が見られた。

 一番伸びたのは、一番後ろに構える#4だろう。まだまだ足りないところがあるが、予測の部分に関しては大きく成長を遂げたと言える。

 

 先ほどの守備の強度の話に通ずるものがあるが、相手に問題を与える守備を常日ごろ経験していれば、攻撃部分の成長は加速する。

 

 チーム練習から、その部分をさらに磨いてほしい。

 

 

 

 

もう一つの課題は、攻撃においての個のレベルアップだ。

 

 ある選手には世界に通用するFWに、と綴った。

 それに近づいてはいる。

 だが、それになるためにはまだ課題が多くある。まぁ、自覚はありまくっているはずなので、ここで書く必要もないだろう。

その課題を克服すれば、君が茂野吾郎的存在になるのも夢ではなくなるはずだ。

あの「どれだけ負けていてもなんとかしてくれる」というオーラと自信と能力がそろった選手に、なってくれれば、どれだけ頼もしいだろうか。

めちゃくちゃ頼もしいと思うので、課題克服に励んでくれ。こちらも最善を尽くそう。

 

 

 まぁそんな感じで、個人差はあるが、個の攻撃に関しての能力は多少上がったようには思えるが、正直物足りない部分が多い。

なぜなら、大阪では、上には上がいることを再確認させられたから。

個のレベルアップ関しても守備面同様、今後も取り組んでいくべきだろう。

 

 

 

 以下、謝辞。

 主催のウジョン実行委員会様、対戦していただいたチームの皆様、ありがとうございました。たくさんのことを学ばせていただきました。

 そして保護者の皆様。保護者の方々のご協力なくしては成立しなかった遠征でした。二日間本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 大阪遠征を通じて、そして夏休みを通じて、成長したかどうか。

 

 その答えとしては……。

 

 ここででかでかと「成長できた」という文字を並べることはできない。

 成長はしていると思うが、胸を張ってそう言えるのは、まだ先だ。

 

 

 大阪で知り得たことが、多すぎたのだ。

 

 

 本当に、思っていた以上に、いろいろな事実を大阪で学ぶことができた。

 

 

 たくさんのことを知った。

 

 

 けれど、知識を蓄えただけでは成長とは言えない。

それを自分の力に還元できたことで、初めて成長したと言えるのだ。

 

 

 その知識を糧として成長するには、まだ少しだけ時間が必要だ。

 

 

 だが、時間は限られている。

 

 9月には全日のリーグ戦が再開する。

 11月には県大会が終わってしまう。

 

 

 冒頭で書いた文章をもう一度綴ろう。

 

変化を必要とし、変化するために必要なものを模索し、そして変化しようと必死にもがいてあがいた者だけが、大きな成長を遂げる。

 

 

 選手諸君。

 

 これからも。

 

 

 必死にもがいて、あがいてくれ。