· 

忘れてはならない

 

 

 

 育成年代のサッカーは、結果がすべてではない。

 これはよく言われる言葉だと思う。

 確かにその通りだ。

 

 けれど……。

 勝ち負けがすべてではないけれど。

 

 でも「勝ちにいくこと」は、すべてでないといけない。

 

 目の前にいる相手に。

 課せられた問題に。

 立ちはだかった困難に。

 勝ちにいかない者には、成功なんてないのだから。

 

 

 だから我々は、負けてしまった。

 

 

 私は一生、あの開始一秒の失点を忘れないだろう。

 

 きっと。

 紅白戦でも。

練習試合でも。

公式戦でも。

 

キックオフのたびに、あの失点を思い出す。

 

それはトラウマのように。

まるで呪いのように。

そして、病のように。

 

脳裏でフラッシュバックし、私を苦しめる。

 

そう、けして、忘れてはならないのだ。

 

 

 

 あの失点がなければ、という意味ではなく。

 

 盛り返す力を、奮い立たせられなかったことに。

 

時間はまだ、40分も残っていた。

それでも、一部の選手を除き、大半の選手の闘志が消えてしまった。

 

 走ることをやめてしまった。

 戦うことをやめてしまった。

 

 

 勝ちにいくことを、やめてしまった。

 

 

 一部の選手が希望を絶やさないでいても。

 それでも。

 

 サッカーは、チームスポーツなのだ。

 全員がそうでないといけない。

 

 

きっと、いつまでも後悔するだろう。

 いや、後悔し続けなければいけない。

 

 それができないと、変われないから。

 

 どれだけ最悪なスタートでも、どれだけ危機的状況になっても。

 それでも、戦う意思を絶やさないこと。

 

 それは人生を生き抜いていくことにおいて、必要不可欠なことなのだ。

 

 

 変わらないと、いけない。

 

 

 それはきっと、私も含めて。

 

 

 以下、謝辞。

 

 県大会を運営してくださった皆様。

 対戦していただいたチームの皆様。

 ありがとうございました。

 

 

 そして、保護者の皆様。

 ご期待に沿えず申し訳ございません。

 地区大会から、いえ、これまでずっと、ご声援とご協力、ありがとうございました。

 

 

 

 

 6年生はクラブ選手権が。そして中学時代が。

 5年生はチビリンピック。そして来年のすべての大会が。

 

 まだまだ先は続く。

 

 でも、でもさ……。

 

まだまだ先は続くけど。

 

 それでも。

 あの瞬間。

 

 笛が鳴ったあの時に。

 

このチームで、このメンバーで、全国大会に行くチャンスは、一生なくなったんだ。

 

 

 これから果てしなく続く長い人生の中でも。

 このチームで、このメンバーで、全国に行くチャンスは、今しかなかった。

 

 それが、未来永劫失われてしまったんだ。

 

 その瞬間を見た者は。

 

 今大会、試合に出れた者も、出れなかった者も。

 

敗戦時のあの瞬間を体験できたことは、きっと大きな何かを得るきっかけになり得るはずだ。

 

 心に刻んでほしい。

 

 これからも人生は続く。

 でも、そんな人生の中で起きる数々のことは、その時にしか起こらない。

 

 今回、全国大会に行くチャンスという分かりやすい指標があっただけで。

 

 私たちが生きている「今」は笛が鳴ったあの瞬間と同じ。

 あれは、毎日のように起きている出来事で。

 

 人生はそんなことの連続なのだ。

 

だからこそ「今」を全力で生きなければいけない。

 戦って、あがいて、もがき苦しんで。

 必死に。

 

 でないと、後悔する。

 

 今回のように。

 

 

 もう一度綴ろう。

 心に刻んでほしい。

 

 

 人生は、その一時は、君たちが生きている今は。

 常に。

 その「今」しかない。

 

 

 

 

 人生は、一期一会なのだから。