東ラブ 第七章『#7,#8』

 

 

 

新年おめでとうございます。

2020年、いよいよ“TOKYOオリンピック開催です。

“お・も・て・な・し”から早6??、新国立競技場も完成し、まさかこの聖地にアンドレスおじさんが立っていることを、当時旧競技場を通勤で横目にしながら誰が予想していたでしょう。

また、その地で母国の戦友ビジャも現役引退を迎え、改めてJAPANの発展ぶりを痛感している今日この頃、いや新年早々。

そんな中、わがクラブもこの“黄金の国ジパング”で細々と活動させていただき、今年で早8期目を迎えようとしています。

5年で2割と残らないといわれている社会の中で、実質残っている実感はないけれど、存在感だけは後世に、いや現代に残していこうと、今年も地に足つけて、いや這いつくばって、めり込ませてでも必死に生き残っていこうと思う今日この頃、いや8年目でございます。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

 

さて、年も明けて2日目となり、大掃除も終わりきらなさを感じつつも、現実逃避をしながら、新年度に向けて準備をしている最中ではありますが、皆さんはどんな令和初の正月を過ごされていますでしょうか。

残り2日、我がクラブは4日、5日の初蹴りで新年スタート。

翌週にはジュニアの公式戦が控えていることもあり、休みボケしている余裕はありません。

また、クラブの主軸であるジュニアユースも3月からのリーグ戦に向けて、色々と詰めていかなければと思いながらも、頭の中は新入団生徒の乏しい現状で満々と溢れ出てしまっている感じです。

毎年育成半ばの生え抜きも残らず、かろうじて集まったぎりぎりアウトな人数の中、一からのスタートで、一応は地区一の成績を残しながらも、まったく現状に驕らず、むしろまだまだ理想の姿に到達できていないことに不満すら抱いている中で、改めて結果だけでは…これでも大した結果は残せていないので声を大にしては言えないのがまた痛いところ。

新年度は、昨年の大型箱型施設に続き、新たに全国区のクラブが参入するとのことで、県外進出構想もリアルになってきている今日この頃です。

とりあえず、年始から動き出さないと!!

 

と、いうわけで…

クラブ初蹴り参加選手改めて募集しまーす!!

202014日、5

9001200

@ごうど中央スポーツ公園

対象は、来年度中学生になる、または現在中学生で、我がクラブに関心のある生徒さん!!

参加費は無料です。

是非ご参加ください!!

 

2020年元旦ということにして

 

FC Re:star U15/12/Maria 代表 瀬沼 アレクサンダー 大祐